和菓子にはどんな種類がある?歴史と共に解説!

これであなたも和菓子通に!和菓子の手引書

>

今一度知って欲しい!和菓子の持つ魅力

和菓子はこうして生まれた

和菓子の起源は果物と木の実です。
弥生時代に稲作が始まり、それまで主食だった果物や木の実を間食時に食べるようになり、それが「果子」と呼ばれるようになりました。

奈良時代になると、遣唐使が「唐菓子」を持ち帰ります。
これは米や麦、大豆などの粉末に水を加えてこね、油で揚げたものです。
その当時は仏教のお供え物に使われることが多く、一般庶民が口にすることはありませんでしたが、この唐菓子が現在の団子や饅頭、煎餅の原型だと言われています。

室町時代から安土桃山時代にかけて、お茶の栽培が盛んに行なわれるようになり、茶の湯文化が広まります。
そのためお茶のお供として和菓子が重用されるようになりました。
さらにこの頃、オランダやポルトガルから「南蛮菓子」が伝わります。
南蛮菓子というのは、カステラや金平糖、ビスケットなどのことです。
これにより砂糖をふんだんに使用した甘いお菓子が日本でも食べられるようになりました。

今ある和菓子は江戸時代生まれ

江戸時代になるとそれまで続いていた戦乱が止み平和な世の中になったことで、さらに和菓子作りに力が注がれるようになりました。
京都の京菓子と江戸の上菓子がお互いにそれぞれ独自の技術と工夫で、様々な和菓子を作り出しました。
また将軍への献上品として、日本各地でその土地オリジナルの和菓子が作られるようにもなりました。
こうして、現在ある和菓子のほとんどが江戸時代に誕生したと言われています。

明治時代になると「文明開化」という言葉があるように、様々な西洋文化が伝わってきました。
そしてオーブンなどの西洋の調理器具が使われるようになります。
それにより、栗饅頭などの焼き菓子が新たに作られるようになりました。
この頃、ケーキなどの洋菓子が日本でも多く見られるようになったため、それらと区別するために「和菓子」という言葉が生まれました。

このように、日本の文化の変遷とともに和菓子も変化してきたのです。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる